「大学職員になるか迷っています」元銀行員のぼくに多い質問

「大学職員になるか迷っています」元銀行員のぼくに多い質問
フクロウ

就職活動の体験談を発信するフクロウです フクロウ就職大学

ねこ

大学職員になろうかマジで悩むみんなどうやって決めてるの

僕は銀行員から大学職員になりました

銀行というのは堅い職場ですので真面目な人が多いだからこそ大学職員に本当になっているのか悩みに悩み抜く人が多い。

そういった経験から色んな業種から大学職員に飛び込もうとする人の相談をよく受けます。

この記事で得られること

✓大学職員になりたい人からのよくある質問がわかる

✓大学職員に転職する背中をちょっとだけ押される

ぼくは就活&転職で倍率200倍を突破し内定無双してきました。

いたって”普通のぼく”がここまで面接を通過できた体験談も含めてお伝えします。

フクロウ

3分位で読めます。少しでも内定率をあげたい方はご一読を!

スポンサーリンク
目次

大学職員に転職すると銀行で築き上げたことがゼロになるのが嫌だ

大学職員に転職すると銀行で築き上げたことがゼロになるのが嫌です

それなら前職経験が生かせる大学職員を目指してください

今までの銀行で頑張ってきた成果をゼロにしてまで行くのか迷っている人は銀行で今まで優秀な成績を収めてきた人が多いです。

フクロウ

そうでなければこのような質問が出ないから。

私の回答としてはその銀行や経験前職の経験を活かせる大学職員の仕事はたくさんあるからそこを狙ったら?です。

昔であれば大学職員というは総合事務職採用で内定後まで何をするか?どの職種になるか?わからないというのが一般的でした。

大学職員の最近の枠

職業の幅が広がりジョブ型採用キャリア採用というものが大学職員も浸透しています

大学によってはまだまだ総合事務所対応だけのところもありますが、減ってきてることは事実

自分の今までの仕事の強みやできることを棚卸してそれに当てはまるようなキャリア採用枠を狙っていけば今回の疑問を解消できます。

営業職か事務職どっちが向いているかわかりません

営業職か事務職どっちが向いているかわかりません

変に事務職と思いこまず、現所区での事務作業経験が必ずある、思い出していないだけ。

大学職員=事務職といった概念を捨ててください。

ご存知の通り大学職員には職種がたくさんあります

先述の通り、最近では採用の入口からキャリア採用という形で具体的に仕事内容が決まっている場合も増えてきています。

僕ができるアドバイス

事務職専門の仕事をしたことがない人は多くても事務作業をしたことない人はほとんどいないということです

営業であっても事務作業を事務員に丸投げする職場も多いでしょうが、全くもって1ミリも事務作業をしない営業員はほとんどいないはずです

その仕事を思い出し、それを対学生であったり、対教授であってもその仕事をしたいかどうか真剣に悩んでみてください

フクロウ

机の前とかで考え込むのではなくて温泉とか一人で行って ぼ~ っと考えるのがおすすめ。

あとはどの職場職種に配属になるかですので、後悔のないように他の大学職員の話を聞いたり情報収集をしてください。

仮に悩んだ結果事務職が難しいということであれば大学職員をきっぱりあきらめてもいいですし大学職員の中でも事務職ではないキャリア採用枠をしっかりやればいいだけです。

転職して公務員になるか大学職員かで迷っています

転職して公務員になるか大学職員かで迷っています

どの大学か、どの職種か等にガチャ要素が多く、その人次第。

フクロウ

要するになにをもって比較するか。です

大学職員が好待遇過ぎて期待に応えるか漠然と不安

大学10兆円ファンドのニュースが話題になったけどどう思う?

日本経済を大きく転換させる良い起爆剤と考えます。教育機関である大学でお金による支援があればもっとチャレンジする学生が増え良い教育機械の提供に繋がると考えます。
(大学10兆円ファンドのことをしってる感をだしさえすればオッケー)

内定を得てから実際に不安になるパターンですね私も初めての転職の際はそうでした

フクロウ

結論としては喜んで転職を決意してワクワクした気持ちで待ってたらいいです

いい条件で内定が取れたのにたのに、それが逆に不安っていう気持ちは分かりますが冷静に考えてみたら何でそんなんだったら転職活動したの?自分にそう問いかけてみてください。

いいだ大学職員になって働いてみてついていけないや、上司から「お前無能だ」って言われて困ってますがあれば分かるんですが・・・・

まだ働いてもないのにそのような不安は抱くだけ無駄と言うかもったいない。

どんなことだって人間なんだから、新しい環境って不安を感じないわけないんです

それを僕や他人が「じゃあこうですよ」って助言し、不安を感じないままいるって多分無理です。

せっかくの相手を取れたんだから前向きに明るく楽しく人生の新たなステージだと思って期待して前を向きましょう!

銀行を辞められるか退職交渉が不安です

銀行を辞められるか退職交渉が不安です

備えあれば憂いなし

大学職員から内定を取ることでも大変ですが内定いざを取ってからこの質問はかなり多い

ねこ

退職者が多い銀行であってもやはり自分のいる場所によっては周りに迷惑がかかるし

フクロウ

特に所属している部長や支店長からの引き止めは必ずあります

個人的には下記を準備をしておくと良いでしょう

退職交渉をする時の事前準備3つ

① なぜやめたいのか

② なぜその仕事に転職するのか

③ ①に対しての上司からの改善案や提案に対しての準備

①と②については正直考えてる人がほとんどだと思いますが③がポイントです。

ねこ

③って実際どんな感じ?

フクロウ

①でやりたい仕事じゃない、大学職員の仕事がしたいといったら、「じゃあうちの会社の●●の部署ならできるからその部署へ異動させてあげるよ」って感じ

正直ここで来る上記提案は自分が望んでいる提案であり願ってもない話なことが多いです

ただ個人的にはこの話が来たら「じゃあ退職せずに残ります」というなるぐらいなら転職活動なんかしない方がいいです

自分で決めた道ですから辞めると言って引き止めのために出された代替案を受け入れて銀行に残っても良い事がありません

対人自分に対しては一生そういった人間だという烙印を押されます

周りから見ても「ずるい人間だ」と思われます

そういう噂はすぐ回りますから。

(退職交渉の場ではなくて異動するための戦略としてこれを使うのはありだとおもいます)

またこの質問に準備していなければ思いもよらない好条件が提示されたことに対して一瞬悩みも生まれることでしょう

フクロウ

調子はそのあなたが一瞬でも怯んだ瞬間を見逃しません

怯んだ姿を見せてしまうと「こいつちょっと説得したら退職しないかも」と思われて面倒なことになります。

③に対しても対抗する主張を準備しておくことが大事で、それこそが上司が転職を仕方ないと思ってもらえる決定打になります

決して現職の悪口を言ったり、もしくはそう思っていなくても捉えられてもおかしくないようなことは絶対に言わないようにしてください。

ねこ

引き止めって優秀な人だけがされるんじゃないの?

退職交渉の際に引き止められる理由

皆さんご存知の通り部長支店長の評価の一つとして退職者を出さないという評価項目があるからです

転職する人に対して一旦引き止めない人はほとんどいません

引き止めの濃淡はあるとしても、その場で聞かれてアタフタ対応したり、一度考えますと持ち帰ったりすることだけは避けたいですね。

終わりに

フクロウ

今回は大学職員の僕がよくよくよく聞かれる質問のあるあるを回答してきました

僕も大学職員への転職は初めての転職でしたので悩むことは当然

ただ時間をかけて悩む価値はあると思っています

結局配属ガチャやどの大学に入るかによりますので自分の後悔のないような決断をすることが一番大事ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次